集団ストーカー

  • 2014年04月01日ネット嫌がらせの対策方法を拡充しました。
  • 2013年12月13日Facebookを悪用した嫌がらせが多発中です。
  • 2013年05月22日ほのめかしのページを新規更新しました。

集団ストーカーの相談と被害を考えるにあたって最も大切なのは、それが本当に集団ストーカーによる被害なのか、それとも被害者の誇大妄想・被害妄想なのかをしっかりと把握する事です。

集団ストーカー相談調査センターとしては明確に、「集団ストーカー行為を行う事で、他人を傷つけ精神的に追い詰める事は可能である」と考えています。

集団ストーカー達は様々な方法で被害者を追い詰め、精神的に疲弊させて、正常な社会生活を営む事を不可能にさせていくのです。 集団ストーカー被害者は当初は誰にも相談する事が出来ずに、加害者からの監視を恐れて社会で孤立しながら生活する様になります。 常に周囲の人々の行動に注意しながら日常生活を送るという事はとても大変な事です。

次に集団ストーカー被害者は、周囲の人々の行動だけではなく、周囲の人々の発言も気にする様になります。 周囲の人々の行動のみならず、発言・言葉にまで気をつけて生活するというのは、大変な精神力を必要とするものです。

さらに、様々な盗聴や盗撮の被害に苦しむ事になります。盗聴や盗撮をされてしまった場合、当然個人情報の漏洩が最大の問題になりますが、それ以上に問題なのは、「常に盗聴・盗撮をされているのではないかと警戒する事によって、人と会話するのをためらう様になったり、日常行動を控える様になってしまう」という事です。

「他者との会話が出来ない」「日常的な行動を抑制しなければならない」というのは、まさに「社会生活の停滞」を意味します。 もう「社会的」ではいられなくなるという事です。自己閉鎖的にならざるを得ません。

そして集団ストーカー被害者は、自分が追い込まれているその状況を、信頼できる誰か、つまり親友や家族に相談します。
しかし、集団ストーカーの相談や被害を受けた事が無い一般の人達は、「集団ストーカー行為を仕掛ける事が現実として可能である」という事実を知りませんから、被害者からの相談に対して、「そんな事あるわけない」「被害妄想に決まっている」「精神的に疲れているのでは」「精神科にかかった方が良いのでは」という様な回答を、ごく自然にしてしまうのです。

集団ストーカー被害者は最も信頼できるはずの親友や家族から、「あなたはおかしい」と断言され、社会との有機的繋がりを絶たれます。
その様な被害者にとって、社会とは悪意の塊でしかありません。
被害者が、最終的に自分を追い詰めたその「社会」と馴れ合う事など出来ようはずもありません。
そうして、被害者は自ら、完全に社会との接触を断ちます。
こうして、集団ストーカー達の最終目的である、「対象者を社会的に抹殺する」という事が実現されるのです。

この様な事態に陥らないようにするためには、集団ストーカー相談調査センターの様な、集団ストーカー被害に関する相談経験が豊富な専門機関に相談しなければなりません。
集団ストーカーの相談や被害を受けた事が無い人達に集団ストーカーの相談をするのは、そもそも無意味な事なのです。

繰り返しますが、集団ストーカー行為は事実として有り得ます。
集団ストーカー行為を放置しておくと、正常な社会生活を営む事が出来なくなり、人生が台無しになってしまいます。
集団ストーカー行為を現に受けている被害者の方、集団ストーカー被害者のご家族の方はすぐに当センターにご相談下さい。

集団ストーカー

  • ページトップ

集団ストーカー