1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. アンカリング

集団ストーカーにおけるアンカリングとは

集団ストーカーによるアンカリングを説明する前に、アンカリングに関してご説明します。

アンカリングの典型的な事例が、いわゆる「パブロフの犬」と呼ばれる実験です。
1904年にノーベル生理学・医学賞も受けているロシアの生理学者イワン・パブロフは、犬を使った唾液分泌の実験中にいわゆる条件反射を発見しました。
実験対象となった犬は、餌を運ぶ時の足音や食器の音が聞こえるだけで、唾液を分泌する様になったのです。
これはアンカリングの典型例であると言えるでしょう。

集団ストーカーは、この科学的なアンカリングという方法を利用して、集団ストーカー被害者に対して「自分は狙われている」という条件反射を植え込むのです。
アンカリングの目的は「自分は狙われている」という恐怖を生じさせることだけではありません。
集団ストーカー加害者によるアンカリングの最大目的は、「一般人から見た場合、被害者が、日常的な普通の出来事に対して、一般人とは全く異なる異常な反応を示す様に条件付けする」という事です。

例えば、一般社会において、自動車を運転中に後続車に追い越しをされて前に割り込まれる事はよくある事です。
しかし集団ストーカーは、例えばほのめかし行為などによって、被害者がその「追い越されて前に割り込まれる」という事に対して、異常な恐怖を抱くように誘導します。
条件付けをするのです。

そして集団ストーカー被害者が「運転中に追い越されて前に割り込まれる事がある!私は謎の組織に狙われている!」という相談を、一般の誰かにするのを待っているのです。
その様な相談された一般の人にとっては、「追い越されて前に割り込まれる」という事は、日常的に発生する事ですから、「そんなのはただの思い込みだ。追い越されて前に割り込まれる事なんて日常的に起きる事だ」と判断するでしょう。
そして「追い越されて前に割り込まれたくらいで、こんなに条件反射的に恐怖を抱くなんて、この人は精神が病んでいるのかもしれない」と思う事でしょう。

それが、集団ストーカー加害者が行うアンカリングの真の目的であると言えます。
集団ストーカーを理解しない人、集団ストーカー行為、アンカリングが事実として実行可能であるという事を知らない人に被害の相談をしても、被害者の社会的立場はますます悪くなるばかりです。
この様な被害にあっている可能性がある方は集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ