1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. コリジョンキャンペーン

コリジョンキャンペーンとは

集団ストーカーが行うコリジョンキャンペーンと言われている行為は、「大掛かりな邪魔」とでも言うべき嫌がらせ行為と言えます。

例えば、普通に歩道を通行している時に、複数人の集団ストーカー加害者が歩道いっぱい横に広がって、前から向かってきます。
そしてその加害者達は、前から被害者が歩行してくるのにも関わらず、親切心のかけらも見せずにそのまま衝突する様に近づいて来ます。
集団ストーカー被害者はギリギリのところで車道に避けたりして衝突を回避します。
こういう事自体は、一般的にも時々起こり得る事だと言えるでしょう。
世の中にはそういうマナーの無い人達は確かにたくさんいるものです。しかし、被害者の身の回りではそれがあまりに頻繁に起こります。

また、コリジョンキャンペーンの手口で集団ストーカーの加害者が衝突しそうになってすれ違う瞬間に、加害者達が「ほのめかし」を行う場合があります。
集団ストーカーの手口は、多種多様に細分化された嫌がらせの手口の密接な連携プレーだと言う事が出来るでしょう。

通行を邪魔するコリジョンキャンペーンは他にもいくらでも行う事が出来ます。
被害者の自宅玄関前に車を路上駐車しておく事も可能です。
被害者が注意したり警察に通報すると、取り合えず車を移動させますが、今度はまた別の車で同じ事をする事が可能です。
また、車で移動する被害者の後を車で尾行して、衝突するかどうかという様なギリギリの車間距離まで詰める危険運転をする事も集団ストーカー加害者には可能です。
さらには集団ストーカー加害者が、電車内で着席している被害者の隣に座って、居眠りをして被害者の方にもたれかかったり、被害者が座っている電車内の座席の隣の狭いスペースに無理に割り込んだりする事も可能です。

これらのコリジョンキャンペーンは、日常的に発生する事ですが、被害者に周囲では頻繁に引き起こされます。
被害者が、それを友人や知人に相談すると、「日常生活でそういう事が起こる事は頻繁にある。貴方の被害妄想だ」と結論付けられてしまうのです。
この様なコリジョンキャンペーンの被害にあっている可能性がある方は集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ