1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 集団ストーカー対策

集団ストーカーのお客から脅迫されている方のご相談

集団ストーカー対策を自分で行い、被害を軽減したり集団ストーカー行為を止めさせたりするのは、簡単な事ではありません。

集団ストーカーへの一番の対策は、まず第一に「証拠収集」、次に「確実な証拠を確保するまで気にしない事」です。
ここで言う「気にしない事」というのは、具体的に言うと、「客観的な証拠も無しに、集団ストーカーの被害を吹聴するのを止める事」です。

集団ストーカーの目的は、「被害者に対する社会的信用を完全に失墜させる事」です。
率直に表現すると、周囲の人から、「あの人はおかしくなってしまった。妄想に取り付かれてしまった」というレッテルを貼られる様に誘導する事であると言えます。

にもかかわらず、「客観的な証拠も無しに、集団ストーカーの被害を吹聴」してしまうと、まさに集団ストーカー加害者側の思う壺になってしまいます。
それでは集団ストーカーの対策とは言えないのです。

だからこそ、集団ストーカー対策の中で最も重要な対策は、 他人を説得させられるだけの集団ストーカーの証拠を収集する事です。
そして、その証拠が確保できるまで、無駄に集団ストーカーの被害を周囲に言いふらしたり、インターネット掲示板に書き込んだりしない事だと言えます。

集団ストーカーの対策としては、例えば「電磁波遮断材を購入して電磁波を防ぐ」であるとか、「盗聴の可能性があるので、室内では話さない。なるべくメールもしない」であるとか、様々な対処療法がインターネット上で紹介されたりしています。
しかしこれらは対処療法でしかなく、問題の根本的な解決には至らない場合が多いのです。

集団ストーカー対策を付け焼刃的に行う事は意味がありません。
当センターは、集団ストーカーへの対策として最も重要なのは、「証拠収集」と、「証拠が確保出来るまでは気にしない事」だと考えています。

集団ストーカーを気にしていたら、完全に集団ストーカー加害者の作戦通りに事態は進行してしまうのだと判断してください。
付け焼刃的な集団ストーカー対策を繰り返す事によって、集団ストーカー被害者の精神は疲れて蝕まれてしまいます。

集団ストーカー被害者の中で、仕事もせずに自分の持てる限りの全ての時間を集団ストーカー対策に費やす事が出来るという方は少ないと思います。
むしろ、集団ストーカー対策に全ての時間を費やす事は止めるべきです。

普通に仕事をし、普通の交友関係を持ち、普通に帰宅し、普通に就寝する事が最も大切です。
そうしなければ、貴方は「非社交的」「寡黙」「無機質」「暗い」「つまらない」「おかしい」とおいうレッテルを社会から張られてしまいます。
それが集団ストーカー加害者達の目的なのです。

当センターは集団ストーカー被害者の代わりに、専門的な調査で集団ストーカーの証拠を収集し、対策を実行致します。
集団ストーカー対策にお困りの方はすぐに集団ストーカー相談調査センターまでご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ