1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 集団ストーカー被害について

集団ストーカー被害

集団ストーカー被害を受けていると感じたら、むやみに行動を起こしたり、反撃を試みたりするのは危険です。
集団ストーカーの被害を受けたら、まずは第一に集団ストーカー被害の被害状況を冷静に整理しましょう。
それが集団ストーカーによるものなのか、何かしらの被害妄想によるものなのか、単なる嫌がらせなのかを冷静に判断しなければならないからです。

具体的にどの様な被害を受けているのかを紙に書き出してみましょう。
自分の推測などは一切排除して、簡潔に集団ストーカーの被害だと思われる事を箇条書きにしてみるのが良いでしょう。
どんな些細な事でも書き出してみて下さい。 そうする事で、集団ストーカーによる被害状況が客観的に判断できるようになります。

次に、それらの集団ストーカー被害をよく分析して、「自分で証拠収集出来るのは何か、自分では証拠収集が出来そうにないのは何か」をよく考えてみて下さい。

その際に重要な事は、「第三者から見て客観的に納得できる様な証拠」という観点から考えてみる事です。
例えば、集団ストーカー被害の典型的な報告でもある「ゾロ目のナンバーの車が頻繁に通る」という被害に関しては、その証拠をいくら撮影したところで、何ら説得力を持ちません。

そうではなく、「同じナンバーの車が何度も通る」「違うナンバーの車に乗車している人物が同一である」「ゾロ目のナンバーの車の行く先(もしくは帰宅先など)が同一である」という様な、強力な証拠が必要なのです。
その様な「法的に通用する証拠」「誰がみても納得する様な証拠」を確保できるかどうかを再び書き出してみて下さい。

上記の方法にて集団ストーカーの被害状況を書き出してみると、「自分で収集出来る集団ストーカー被害の明らかな証拠」というものが少ない事がわかると思います。

集団ストーカーの被害を立証する事は、そのままの脆弱な証拠だけでは非常に困難です。
ですから「結局は誰も集団ストーカー被害をわかってくれない、理解してくれない」という結果に陥ってしまうのです。

実際に被害を受けているのに、誰もそれを信じてくれないというのは悲しいことですし、集団ストーカーの被害者の方もそういう経験が多々あると思います。

誰も信じてくれないのはなぜでしょうか?
貴方の家族や知人や友人が集団ストーカーの加害者とグルだからではありません。
「集団ストーカー被害を知らない人達を説得する事が出来る決定的証拠がないから」なのです。
「集団ストーカー被害を受けた事がない人達を説得出来る証拠を貴方が持っていないから」、ただそれだけが理由です。

だからこそ、集団ストーカー被害の証拠収集調査を徹底して行う事によって、「客観的に第三者が納得できる被害の証拠」を確保する事が重要なのです。

集団ストーカー被害者の中には、「被害を受ける様な思い当たる節がない」「自分が集団ストーカーをされる理由が全くわからない」「目的なんてあるはずがない。無目的にやっているに違いない」と主張される方も稀にいますが、そういう方は、長期間に渡る集団ストーカーとの戦いの中で、「一番初めに集団ストーカー被害を受けた頃の状況」を忘れてしまっているのだと言えます。

集団ストーカー被害の始まりには必ず何らかの理由があったはずです。

集団ストーカー被害が始まった原因として考えられる代表的な原因を以下に列挙します。

  • 1、勤務先での些細な人間関係のトラブルがありませんでしたか?
  • 2、勤務先であなたは「邪魔な存在」であった事はありませんか?
  • 3、意識的、もしくは無意識的に誰かを傷つけた事はありませんでしたか?
  • 4、親族と遺産相続などの問題でトラブルを起こした事はありませんでしたか?
  • 5、家族から縁談に大反対された事はありませんか?
  • 6、宗教的なサークルや団体に参加した事はありませんでしたか?
  • 7、宗教的なサークルや団体から勧誘された事はありませんでしたか?
  • 8、政治団体に参加して活動した事はありませんでしたか?
  • 9、政治的、思想的なデモ活動に参加したり公に共感したりした事はありませんか?
  • 10、政治的主張、宗教的主張をネット掲示板等にて書き込みした事はありませんか?
  • 11、騒音トラブルや近隣トラブルにあった事はありませんか?
  • 12、誰かから恨みを買っていませんでしたか?
  • 13、お金のトラブルがエスカレートして大問題になった事はありませんか?
  • 14、不倫や恋愛などで誰かの家庭を壊してしまった事はありませんか?

もちろん、集団ストーカー被害が始まった理由がわからなければ集団ストーカー問題が解決できないというわけではありません。

集団ストーカー被害が始まった理由がわかっていた方が対策を立てやすいですが、理由がわからない、見当がつかない場合でも集団ストーカー問題は解決可能です。
諦めずに集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ