1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 付きまといと集団ストーカー

集団ストーカーからの付きまとい被害

集団ストーカー行為の典型は、付きまとい行為と付きまといによる各種の嫌がらせ行為です。
これによって、集団ストーカー被害者は完全に精神的に追い詰められてしまいます。

例えば、多数の集団ストーカーによる付きまとい行為の場合は、集団ストーカー側は敢えて「発覚し易い尾行」を行います。
集団ストーカー被害者を精神的に追い詰める為には、絶対に見つからないような尾行をしても意味がありません。

つまり、代表的な集団ストーカー行為である付きまとい行為を行うのは、「素人で十分」であると言えるのです。
尾行の素人が、集団ストーカー被害者を追いかければ、被害者はすぐに気がつくでしょう。しかしそれこそが集団ストーカーの目的です。
付きまといを受けている被害者はとても不安になります。どこまで行っても誰かが自分を追いかけてきます。問いただそうとしてその追跡者に近づくと、追跡者は逃げ出します。
うまく追跡者を捕まえる事に成功して、「ずっと尾行しているだろう」と問い詰めてもシラを切られます。
例えその状態で110番通報したとしても結果は同じことです。
付きまといをしている集団ストーカーは「私は尾行なんてしていません」と徹底的に主張するでしょう。

その追跡者がずっと尾行してきている証拠が無いのですから、警察も「ただの勘違いでしょう。
貴方の被害妄想ではないのですか」という対応しか出来ません。
そうなると被害者はさらに自信を喪失するか、集団ストーカーや警察に対する憎悪を増して自分を振るい立たせるしかありません。
どちらにしても集団ストーカーの思う壺なのです。

この様な集団ストーカーからの被害を防ぐためには、明らかな証拠が必要です。
被害者が確実に付きまといを受けている客観的な証拠を映像記録や写真として継続して残さなければならないのです。
これは一般の人に出来る事ではありません。
集団ストーカー行為の証拠収集のプロが行わなければ、付きまといを受けている明らかな証拠は手に入れる事は出来ないのです。

例えば、自分の車に誰かが侵入した形跡があったとしても、それだけでは何の証拠にもなりません。
実際に侵入されている証拠、侵入者が犯罪を犯している瞬間の証拠が必要です。
付きまといをしている集団ストーカーを捕まえたとしても、「日々確実に付きまとわれている証拠」がなければ、「その時たまたまその人がそこにいただけではないのですか?」と言われてしまいます。

では、集団ストーカー被害者が「日々付きまとわれている明白な証拠」を確保する事が可能なのかというと、事実上不可能です。
集団ストーカー被害者にも仕事があり、プライベートな時間があるからです。

極端な例ですが、集団ストーカー被害者が24時間、不審者を監視する事は出来ませんし、それを行おうとするのなら、仕事を辞めて社会との付き合いも止めて、ただ集団ストーカーの証拠を収集するために日々を過ごさなければなりません。
それこそ、集団ストーカーの目的です。
「対象者(被害者)の正常な社会生活を破壊する事」が集団ストーカーの目的なのですから。

ですから、被害者は通常の社会生活を保持したまま、証拠収集を行わなければなりません。
その為に、私達の様な集団ストーカー専門の相談センターがあるのです。
一人で悩まず、私達集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ