1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. ガスライティング

集団ストーカーとは

集団ストーカー行為への対策を考えるにあたっては、ガスライティングの手口を知る事が重要です。

ガスライティングとは、集団ストーカー被害者の常識や一般的価値観を破壊する様な「不可解な」出来事を繰り返し演出し、被害妄想を拡大させ、人間関係のトラブル等を引き起こさせ、悪評を吹聴し、被害者の社会的信用を失墜させる事によって、被害者の自尊心や存在意義を崩壊させ、一般的な社会生活を営む事を極めて困難にさせる為の手口です。

集団ストーカーとは、これらの手順によって集団ストーカー被害者の精神を徹底的に疲弊させ、生きる気力や人生への展望を喪失させて(絶望)、最終的には自殺に追い込む事を目的とした、様々なの手口と手順の総称です。

ガスライティングの最たる特徴は、周囲には「結果的に対象者(被害者)が勝手に自滅した」と見せかける為の手口・手順であるという事です。
集団ストーカー対策を考えるという事は、これらのガスライティングへの対策を考えるという事でもあるのです。
「集団ストーカー行為」のほとんどを、この「ガスライティング」が占めていると考えて良いでしょう。

集団ストーカーとはガスライティング行為に現代的な一般ストーカーの手口と目的(付きまとい、嫌がらせなど)をプラスしたものであると言えるでしょう。
また、「ガスライティング」は「集団ストーカー行為の手口・手順」であり、「集団ストーカー行為」とは、ガスライティングを駆使して行われる嫌がらせや組織的いじめ、各種工作等の総体であると考える事も出来ます。

集団ストーカー対策で重要な事は、「ガスライティングの手法は、体系化されており、マニュアル化されている」とも言われている事を知る事です。
ガスライティングによる集団ストーカーの手口がマニュアル化されている事を知れば、集団ストーカーに対する対策も立てやすくなります。

集団ストーカーは、一人の人間の信用を完全に失墜させ、社会的に抹殺する事も出来ます。この手口は特に日本の戦後民主主義の状況下(非武装・非戦)では極めて有効に働いたと考えられます。

例えば、視点を大きく変えて、国外のイスラエルとパレスチナの問題を見てみましょう。
イスラエルはしばしば、パレスチナのイスラム主義勢力の武装部門の幹部を、攻撃ヘリからのミサイル攻撃などによって暗殺する事があります。
しかし、この様なあからさまな攻撃的アクションは「パレスチナという紛争地域だからこそ可能」なのであり、もし日本国内に「国家にとっての危険分子」がいたとしても、この様なあからさまな行動によって排除する事は出来ません。

そこで利用されるのが「ガスライティング」の手法、「対象者を自殺へと誘導する手法」なのです。
武器の保有や攻撃的アクションが全面的に禁止されている戦後日本では、集団ストーカーという攻撃の手法が発達する土壌があったのです。
集団ストーカーへの対策を考えるには、この様な「集団ストーカー行為を助長させる社会」が背景にある事も把握しなければなりません。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ