1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 恋愛トラブルと集団ストーカー

恋愛・男女トラブルからの集団ストーカー

集団ストーカーが恋愛工作として行われる場合とは、具体的な事例を挙げると、例えば「男Aと女Bの恋愛関係・婚姻関係を破滅させたい」と思っている人物が、集団ストーカー工作を業務として行う組織に、集団ストーカー行為によって恋愛関係や婚姻関係の破壊を依頼する様な場合です。

この場合、その様な業者が行う手段としては、2種類の手段があります。
1つは、「AかBどちらかに美男美女を近づけて浮気させてしまう事」です。
そしてもう1つが、「AかBかどちらかに集団ストーカーを仕掛けて精神的に破綻させてしまう事」です。

特に、集団ストーカー行為による恋愛関係や婚姻関係の破壊や、復讐は非常に恐ろしい犯罪的な行為です。
幸せな恋愛関係や婚姻関係が、全く関係のない部外者の計画によって、徐々に破壊されていくのです。

しかし、集団ストーカー被害者の交際相手や配偶者は、なぜそういう状況になってしまっているのかわからない。
交際相手や配偶者が、集団ストーカーに怯えて暮らすようになり、異常に周囲を警戒する様になります。

しかし、被害を実際に受けていない人達は、「なぜそんなに警戒するのか」「なぜそこまで気にするのか」が全く理解できないのです。
そうして最終的には「自分の恋人は、ずいぶん変わってしまった」「もう一緒には居られない」という結論に至り、恋愛関係が破壊されてしまうのです。

集団ストーカーの目的が「婚姻関係の破壊」「家庭の破壊」である場合はさらに残酷な結末が待っています。

民法に定められた離婚事由として「配偶者が強度の精神病で回復の見込みがない場合」というものがあり、この場合、「過度の精神病」とみなされた配偶者がどれだけ「離婚したくない」と主張したとしてもその主張は退けられ、離婚が強制的に成立してしまうのです。

またその夫婦に子供がいる場合、「過度の精神病」とレッテルを貼られた被害者が親権や監護権を手に入れる事は出来ません。
「過度の精神病では育児は無理だろう」と判断されてしまうからです。

集団ストーカー加害者達はこの民法の定めを悪用して、夫婦のうちの一方に集団ストーカー行為を仕掛ける事によって、夫婦のどちらか一方を強度の精神病に仕立て上げ、離婚させてしまうのですから、これほど恐ろしい行為はありません。

また、最も恐ろしい「婚姻関係破壊の為の集団ストーカー被害」のケースとして、自分の配偶者が集団ストーカーと結託していて、「有利に離婚する為に配偶者に重度の精神病というレッテルを貼る」というケースが見られます。

この場合、集団ストーカーと結託して繋がっている夫、あるいは妻は、「配偶者を精神科へ通院させよう」と必死になります。
しっかりと配偶者の話を聞かず、最初から「集団ストーカーなんて存在しないんだ」「お前は頭がおかしくなったんだ」「あなたは心の病気になってしまったの」などとレッテル貼りをして、とにかく精神科への通院歴を作り上げようとします。

集団ストーカーはこの様に、時には法律を悪用して被害者の人生を台無しにしようとしてきます。
この様な集団ストーカーに一人で立ち向かうのは不可能です。
集団ストーカー相談調査センターに必ずご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ