1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 職場での集団ストーカー

職場での集団ストーカー

職場において、集団ストーカー行為がリストラ工作として行われる場合があります。

まずは、職場での集団ストーカー被害に関して論じる前に、職場でのリストラ(解雇)に関してご説明します。
会社は、会社にとって必要の無い従業員や、問題の多い従業員、やる気が見受けられない従業員、人付き合いが苦手な従業員、同僚とコミュニケーションをとるのが苦手な従業員が社内に居ても、そう簡単にその従業員を解雇・リストラする事は出来ません。
従業員の解雇の条件に関しては、「労働基準法」で厳しく定められており、社会通念上「正当な理由」がなければ解雇する事は出来ないのです。

例えば、政治思想や信条、宗教的価値観を理由に、その従業員を解雇する事は出来ません。
他の従業員に比べて能力が劣る程度の理由で解雇する事は出来ません。
会社の悪事を労働基準局や税務署等へ密告したとしても、それを理由に解雇する事は出来ないのです。
端的に言うと、会社は、「とりあえずは普通に勤務している人間を解雇する事は出来ない」のです。

しかし、それでも会社にとってその人が「邪魔」である場合や、どうしても会社からいなくなって欲しい場合が有り得ます。
会社とは利益を追求する組織であり、会社にとって利益にならない人は必要ないからです。
そういう時に密かに行われるのが、集団ストーカー行為(リストラ工作、人事工作)なのです。

集団ストーカーを仕掛けられる事によって、集団ストーカー被害者は周囲の状況変化に過敏になり、また疑心暗鬼に陥って、対人コミュニケーション能力が著しく低下してしまいます。
取引先との交渉業務や接客の必要性がある部署、営業職にとってはこれは致命的です。

集団ストーカーを警戒しすぎて集団ストーカー行為と推測される状況に注意を向けてしまうので、集中力が散漫になり、業務のミスが激増します。ケアレスミスだけではなく、重大なミスを犯してしまう事もありえます。
会社の同僚に「集団ストーカー被害を受けている」という相談をしてしまうと、当然その同僚は「集団ストーカーの存在」は知りませんから、「あいつは心がおかしくなった」と社内にふれ回ることでしょう。

ここまで来ると、集団ストーカー被害者は、その会社にとっては「重大な障害」となります。
そうすると会社は、その集団ストーカー被害者を正々堂々と解雇出来る様になるのです。
また、解雇するまでもなく、被害者が「自己都合による退職」という道を選択する事も多いでしょう。
これがリストラ工作・社内人事工作として行われる「集団ストーカー」です。

会社を辞めた後も集団ストーカーが終わる事なく、被害者が会社に対して何らかの復讐を考えていないかなどの行動を監視する意味合いで集団ストーカー行為が継続される場合もあります。

この様な職場における集団ストーカー、組織的なリストラ工作・人事工作は一個人で解決出来るものではありません。
被害を受けている心当たりのある方は、すぐに集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ