1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 個人情報と集団ストーカー

集団ストーカー被害と個人情報

集団ストーカー行為を効果的に行う為に、集団ストーカー加害者は出来るだけ多くの被害者に関する情報を入手しようとします。
以下に記載する様な個人情報は、「個人情報保護」が重要視され徹底されるようになった今でも、探偵社や調査業者であれば調べる事は可能ですし、一般人であってもある種の非合法な手口によって入手する事は可能なのです。

  • 1.氏名 集団ストーカー加害者にとっては、被害者の氏名を特定する事は容易です。例えば、被害者を尾行して、被害者の自宅を突き止めた上で、郵便ポストを確認すれば、正式な氏名を知る事が出来るでしょう。
  • 2.住所 住所に関しても被害者を尾行すればいいだけなのです。また手段を選ばない集団ストーカーは、「対象者と交通事故を起こす」事で、住所氏名、場合によっては生年月日(免許証の確認)や勤務先まで確認する事が出来ます。
  • 3.家族構成 家族構成に関しては、探偵社に依頼すれば簡単に知る事が出来ますし、行政書士や司法書士、弁護士などに知り合いが居れば、「職務上請求書」を使って戸籍謄本を取る事も出来ます。当然、これは違法行為ですが、毎年たくさんの法律家の職務上請求書の不正利用が明らかになっています。また同様の手口で、親、兄弟、配偶者、子供など、被害者の家族全員の住所氏名を知る事が事実上可能です。
  • 4.勤務先 勤務先は、被害者の住所を調べた後に、さらに被害者を尾行する事によって明らかになります。 また、被害者が出した「燃えるゴミ」の中に給与明細などがあるかも知れません。「ゴミ」は個人情報の宝庫と言われています。 被害者の家族の勤務先も同様にして調べる事は可能です。
  • 5.趣味・嗜好 被害者の趣味や嗜好を調べる事も可能です。また被害者の性的趣向を知る事も出来るでしょう。最近は、インターネットでSNS(ソーシャルコミュニティサイト)の発展が顕著ですから、SNS上で被害者と仲良くなり、様々な情報を聞き出す事(ネット工作)も可能です。
  • 6.車やバイク 車やバイクを所有しているかどうか、車での行動範囲や使用頻度はどれくらいかも、被害者を尾行する事によって簡単に割り出すことが出来ますし、車両外部からGPS機器を取り付ける事によって車での行動を簡単に監視する事が出来ます。 もちろん、勝手にGPS機器を取り付ける事は違法行為です。 車だけではなく、バイク用、原動機付き自転車用、自転車用のGPS機器も販売されています。

この様に、集団ストーカー加害者にとっては「個人情報の保護」など建て前でしかありません。
集団ストーカー加害者はこの様な手口で情報を集め、その情報を嫌がらせ行為を行う為に利用するのです。
集団ストーカーに個人情報を不法に収集されていると感じたら、すぐに集団ストーカー相談調査センターご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ