1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. パワハラと集団ストーカー

集団ストーカーが職場におけるパワハラを目的として行われる場合は、リストラ工作としての集団ストーカーと似ている点もありますが、パワハラとしての集団ストーカーはいじめの延長にあると言えるでしょう。

集団ストーカー被害者をリストラする事、自主退職に追い込む事が目的の「リストラ工作としての集団ストーカー」とは違い、「パワハラとしての集団ストーカー」は特にこれといった目的はなく、ただ単に「用意周到ないじめを行っている」と言えるのです。
パワハラとしての集団ストーカーは中小企業で発生する事が多いようです。

他人のミスを被害者のせいにして被害者に責任を押し付けたり、被害者の陰口を被害者に聞こえる様に言い合ったり、誰かの私物を被害者のデスクの引き出しに入れておいたり、わざと被害者とトラブルを起こして、被害者に暴力をふるわせて減給させたり、という様な周到ないじめが行われます。
いじめられている被害者の姿を見て、会社の従業員達はストレスの発散をするのです。
集団ストーカー行為が、この様な用意周到ないじめ・パワハラの延長として行われているのです。

この様な集団ストーカーの被害者としてターゲットになってしまう人は、「まじめに仕事をしている人」が多いですから、会社にとっては、「まじめに仕事もするし、従業員のストレス発散のターゲットにもなってくれるし」という事で、まさに「飼い殺し」状態にされてしまう場合もあります。

昨今問題になっている「ブラック企業」と言われる非倫理的な企業では、「会社幹部が従業員の成績や行動を賭け事の対象にして楽しむ」という様な事も日常的に行われている様です。
その「賭け事」の為に理不尽な命令や、実行不可能な命令が集団ストーカー被害者に出される場合もあります。

パワハラとしての集団ストーカー行為は、一般的には役職者や会社幹部などの者がその部下の者に対して行ったり、正社員がアルバイト・パートなどの非正規雇用社員や派遣社員などに対して行ったりするもので、その地位と職権を濫用して嫌がらせをする事と言えますが、女子社員から男性社員へ(これはセクハラとの境界線が曖昧であり、明確な線引きが難しいとされている)、同僚から同僚へ、年下の先輩から年上の後輩へ、部下から上司へ、という様に、「地位的に弱い側が集団となって、地位的に強い者の無能さをあげつらっていじめる」というケースも増加しつつあり、これも明白な集団ストーカー的なパワハラであると言えます。

この様なパワハラを目的とする集団ストーカー被害にあってしまった場合は、その会社に対して「パワハラ(集団ストーカー)による精神的苦痛に対して、慰謝料を請求する」という事も可能です。
しかし、集団ストーカー被害者が一人で大きな組織と戦うのは困難ですし、勝ち目は少ないでしょう。
すぐに集団ストーカー相談調査センターへご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ