1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 集団ストーカーの目的

集団ストーカーは、極めて組織的に、大掛かりに行われる嫌がらせ行為です。
その様な集団ストーカー行為に「目的」が無いはずがありません。
集団ストーカーの被害から逃れるためには、この目的を分析しなければなりません。
必ず何らかの「目的」があって、集団ストーカー達はその目的を達成する為に大掛かりな嫌がらせ行為を行っているのだと認識して下さい。

無目的な集団ストーカー行為による被害が無いわけではありませんが(非倫理的な探偵社やその他団体等による、「尾行訓練」的意味合いで、ランダムに尾行訓練対象者が選択される場合等)、基本的には「何らかの意味がある」と考えなければいけません。

集団ストーカー行為には主に以下の様な目的があります。

  • 1、集団ストーカーの知識を有する会社組織などが、会社に都合良くお荷物社員や問題社員をリストラする為に、社内の特別な部署の人間や、集団ストーカーを専門に行う悪徳探偵社や悪徳工作屋を雇って、組織的かつ計画的に集団ストーカー行為を行い嫌がらせをしてくるケース。
  • 2、集団ストーカーの知識を有する集団が、会社内の権力争いの一環として、敵対する派閥の関係者を精神的に追い詰めて退職に追い込む為に、集団ストーカー行為を仕掛けてくるケース。
  • 3、新興宗教団体等が団体の指示・方針に従わない信者や脱退者、敵対勢力に対して組織的なストーカー行為を行って、情報収集と同時に集団ストーカー行為も行うというケース。
  • 4、非倫理的な盗聴発見業者や悪徳探偵社が、新人調査員の尾行訓練としてランダムに尾行対象者を設定して、執拗に尾行訓練や盗聴盗撮訓練を繰り返した末、精神的に疲れ果ててしまったその被害者に対して、「最近、ストーカーに付きまとわれていたりしませんか?ご相談に乗りますよ」、「最近、盗聴や盗撮をされていたりしませんか?こちらのお宅付近から盗聴電波。盗撮電波が出ている様なんですが。宜しかったら調査致しましょうか?」という様に接触をしてくるケース。
  • 5、集団ストーカー行為を行う事によって、ご近所トラブルや騒音トラブル・金銭トラブルなど、民事トラブルを有利に解決しようとするケース。
  • 6、その他、恋愛感情や人間関係のトラブルから、深い怨恨や憎悪よって集団ストーカーを行うケース

集団ストーカー

  • ページトップ