1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 政治・宗教団体と集団ストーカー

集団ストーカー被害の相談の中でも、政治団体や宗教団体が関連するとされる集団ストーカー被害相談は、多く報告されています。

政治団体や宗教団体は、「一つの思想によって強く結合した団体」と言えます。
大家族的な価値観が根底にはありますし、外部に敵対勢力も多い場合があるので、そこから「抜け出したい」「脱退したい」という気持ちを伝えると、団体側は「寝返った」とか「裏切る気か」という強迫観念に駆られて、その脱退希望者に対して激しい監視・嫌がらせを行う場合が多いのです。

これが政治団体や宗教団体が関連する集団ストーカーで、その狡猾さ、綿密さ、悪質さや計画性、継続性、破壊力は、他の「リストラ工作としての集団ストーカー」や「復讐工作としての集団ストーカー」とは比較にならないほど強力です。
最も恐ろしい集団ストーカーと言えるでしょう。

宗教団体や政治団体には狂信的な信者や思想家がいる場合があります。
この様な者は、「団体を外部の敵から守る」という事に異常な執着を持ち、少しでも団体に敵対する可能性のある者に対しては徹底的な攻撃を加える場合があります。

しかし、日本国内において拉致や脅迫、殺人等を行うとすぐに逮捕されてしまいますから、「逮捕されない様に相手を追い詰める」技術を使用してそれを行います。
それが集団ストーカーのテクニック、いわゆるガスライティングの技術です。

また、団体の内部情報を知っている者に対する監視・攻撃は徹底的です。
宗教団体や政治団体による集団ストーカーのテクニックとしては、まず盗聴・盗撮を重ねて集団ストーカー被害者の個人情報を収集するのと同時に、収集した個人情報を悪用して被害者の社会的信用を失墜させます。
常に付きまといや尾行を行い、被害者に不審な行動がないか、敵対勢力と接触していないかを監視しながら、同時に「あえて監視している事をわからせるような尾行」を行い、被害者に恐怖を与えます。

これらの手口を被害者の家族や親族に対しても同様に行う事によって、圧倒的な恐怖を植えつけます。
無言電話を繰り返したり、「家族を危害を加えるぞ」という様なメッセージを、被害者本人にだけわかるように伝えます(「被害者の子供の名前」と「包丁」などの凶器の名称ををほのめかす等)。

政治団体や宗教団体には、この様な集団ストーカー行為を人海戦術で行えるだけの「人的基盤(信者数・構成員数)と資金的基盤」がある場合が多いのです。
この様な宗教・政治団体から集団ストーカーから被害を受けている場合は、自分一人での解決は不可能だと言えます。

集団ストーカー被害者が一人で政治・宗教団体による集団ストーカー行為と戦い続ける事は、被害者本人が自覚している以上に被害者の精神にダメージを与えます。
「自分は強いから大丈夫」と思っている方が一番危険です。自覚がないまま精神は完全に疲れ果ててしまい、ある日突然「もう死んだ方がまし」という絶望に支配されてしまう事もありえますので、すぐに集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ