1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 復讐心からの集団ストーカー

集団ストーカー行為が行われる原因として「復讐心」があります。
恨み、憎しみ、悲しみ、そういうものが織り交ざって「復讐心」が形成されます。

この様な復讐心による集団ストーカー行為はとてもやっかいなもので、集団ストーカー被害者にとっては「どこで誰に恨みを持たれたかわからない」というケースが多いのです。
誰かに迷惑をかけたり、恨まれる様な事をしてしまう事は誰にでもある事です。しかし普通の人は、直接その事を言ってくれたり、忘れてくれたりするものです。

集団ストーカー加害組織に依頼する程の復讐心を抱く人というのは、それを直接伝えずにずっと溜め込んでおり、しかし忘れるというわけでもなく、どうやってその恨みを晴らそうかと考え込んでいる様な人です。
その様な人が、集団ストーカーを行える規模を持つ団体や組織と結託すると、復讐としての集団ストーカーが始まるのです。

例えば、リストラ工作として集団ストーカーが始まった場合、その最終目的地は「リストラ」であったり、「自己都合の退職」であったりします。
しかし、復讐として集団ストーカーが始まった場合、その最終目的地は何でしょうか?

「復讐の定義」は人によって異なるものですが、「精神的にダメージを与えられればそれでいい」という人もいるでしょうし、「社会的に抹殺してやりたい」と思う人もいるでしょう。
中には「物理的に世の中から消してやりたい」という怨念を抱いている様な人もいるかもしれません。
復讐としての集団ストーカーの最も恐ろしい点は「対象者(被害者)の死が最終目的になる場合もあり得る」という事なのです。

集団ストーカー行為という復讐を延々と繰り返して、集団ストーカー被害者の精神を徹底的に破壊する。
通常の社会生活が送れない程に追い詰められてしまった被害者が、自ら死を選ぶように誘導する。
集団ストーカーによって自殺に追い込まれてしまったとしても、誰もその真実に気がつく事は出来ない。
事件性のない自殺として処理されてしまう。

集団ストーカー被害者の周囲の誰もが、「集団ストーカー行為が可能である」という事を信じようとしないからです。
そうして完全なる「復讐」が実現するのです。

これは決して不可能な話ではありません。
事実として、「やろうと思えば出来る事」です。
ある程度の資金さえあれば、誰にでも出来る事なのです。
復讐による集団ストーカーの被害を受けているとご心配の方は必ず集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ