1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. ストリートシアター

集団ストーカー

ストリートシアターとは、集団ストーカー被害者の生活空間で様々な劇場的な演技を行い、集団ストーカー被害者にそれを頻繁に見せ付ける事で、誰かが被害者の事を狙っている、監視しているのだという意識を植え付ける行為です。
アンカリングに似た特徴があります。
「複数人で公然と行われる演劇型アンカリング」と表現の方が理解しやすいかもしれません。

ストリートシアター被害の例としては、例えば、集団ストーカー被害者の目の前で喧嘩や殴り合いが始まったり、大声・奇声を発する人物を定期的に出現させたり、似たような交通事故を被害者の周囲で頻発させるなどの事件を、意図的に発生させます。

ストリートシアターは大概、被害者が頻繁に行く場所で行われます。
被害者があまり頻繁に行かない場所でストリートシアター行為を発生させるのは集団ストーカー側にとってもタイミング的に大変な事だからです。
ですから繁華街や駅前、ショッピングセンター、コンビニエンスストアなどではストリート・シアターが最も頻繁に行われる格好のステージと言えるでしょう。
ストリートシアターは、一般人にとっても「よくある事」でなければ意味がないですから、そういう「事件」が発生しやすい場所である事が大切なのです。

ストリートシアターの例としては、集団ストーカー被害者が毎月一度決まった日に神社にお参りに行く習慣があるとして、その毎月のお参りの際に神社の境内で必ず大事件が起こっていては、さすがに一般人にとってもおかしな事です。

集団ストーカー被害者が、「私がお参りにいくと必ず境内で喧嘩してる人がいる」と友人や知人に相談した場合、友人や知人は「確かにそれはおかしいな」と思うでしょう。
それでは被害者の信用を失墜させる事は出来ません。
ですから集団ストーカー加害者は、一般的に見て事件が起こりやすい場所で、頻繁に事件を起こそうとするのです。

普通の市民の生活の中で「事件」というのは、例えば数ヶ月に一回程度の頻度でしか発生しないものです。しかしストリートシアターは日常的、一般的に考えられる以上の頻度で、被害者の周りでだけ頻繁に起こります。
被害者は自分の周りで頻発する事件を友人や知人に相談します。

そうすると「繁華街でそういう事件が起こる事は頻繁にある。貴方の被害妄想だ」と結論付けられてしまうのです。
この様なストリートシアターの被害にあっている可能性がある方は集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ