1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. ほのめかし

集団ストーカー集団ストーカーが行うほのめかし行為というものは、偶然を装って集団ストーカー被害者の個人情報や被害者しか知らないはずの情報、またその情報を想起させる何かを、被害者が気がつくように暗に示す事によって、被害者に「自分は常に監視されているのだ」という意識を植えつけて精神的に追い詰める手法だと言えるでしょう。

例えば、被害者が自分の部屋で一人でいる時に、知人と電話をしていたとします。
集団ストーカーがその電話内容を盗聴器で確実に聞いて録音しておくことは可能です。
そしてその電話内容に関連する話、その電話内容を想起させる話を、日常生活の中で被害者に聞こえるように「ほのめかす」のです。
一見関係のない様な話の流れの中で、さりげなく繰り返し「ほのめかし」をする事によって、そのキーワードが被害者に刷り込まれます。

さらにそのほのめかしが一人からではなく複数人から行われたら、「自分は複数の人から盗聴されているに違いない」とか「自分を盗撮している者が複数いるに違いない」と被害者が思うのは自然な事です。
その「複数人」とは、被害者にとってみればまさに「謎の組織」に他なりません。
この様な集団ストーカー被害の相談を、被害者が知人や友人、家族にするとしましょう。
この被害状況を説明する時に何と説明すればいいのでしょうか?
「昨日自分の部屋で電話をしていたのだが、不特定多数の人達からその電話内容と同じ内容の話をされた」と説明すれば信じてくれるのでしょうか?

それとももっと具体的に「昨日自分の部屋で電話をしていたのだが、複数人からその電話内容と同じ内容の話をされた。謎の組織が関係しているかもしれない」と説明すれば信じてくれるのでしょうか?
結論から言うと、どんな説明をしたところで、「どっちにしろ被害妄想だとバカにされる」という結末しかあり得ないのです。

集団ストーカーまた、集団ストーカーが行う視覚的なほのめかしとしては、
「自分の電話番号の下4桁が書かれたメモが自宅玄関の前にさりげなく捨てられている」
「自分の銀行口座の口座番号か記載されたメールがフリーアドレスからの架空請求等の迷惑メールとして送られてくる」
「自家用車のナンバーが通勤ルートの路上に落書きされている」
という様な手口もあるようです。

こうして集団ストーカー被害者は、徐々に「自分は監視されているかもしれない」という考え方から、「自分は間違いなく24時間365日完全マークされている」という考え方に陥ってしまうのです。
そうなれば誰も被害者の言う事を信じてくれなくなります。
その様な事態に陥ってしまう前に集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ