1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 些細な異常と集団ストーカー

集団ストーカーまずは、集団ストーカー被害者の正常な判断力に揺さぶりをかける事から集団ストーカー行為・ガスライティングは始まります。
「最近、何かおかしいな?もの忘れが激しくなったかな?」と思わせる様な事から始まり「誰かに見られているのかな?誰かに嫌われているのかな?」と不安にさせていく手口です。
例えば集団ストーカー被害者の自宅の周りの私物を移動させるという手口です。

  • 1.帰宅した際に、自分の自転車の駐輪位置が変わっている。
  • 2.自分の自転車のカゴに空のペットボトルが一つだけ置かれている。
  • 3.自転車のサドルの位置が一番高い位置まで引き上げられている。
  • 4.玄関のドアノブがなぜか濡れている。
  • 5.植木鉢を置いてある位置が微妙に変わっている。
  • 6.植木鉢が一つ増えている、もしくは少なくなっている。
  • 7.玄関から視認可能な範囲に不自然なゴミ袋が置かれている。
  • 8.集合ポストが空けられている。
集団ストーカー

また、集団ストーカー被害者が運悪く戸締りをするのを忘れたり、集団ストーカーに自宅の鍵や車の鍵を盗まれて複製された場合はさらに様々な手口で些細な嫌がらせをされます。

  • 9.戸締りをしたはずなのに玄関の鍵が開いている。
  • 10.なぜかブレーカーが落ちている。
  • 11.冷蔵庫の中の食品の位置が変わっている。
  • 12.大切な書類が別の場所に保管されている。
  • 13.自家用車のナビの配線が抜けている。
  • 14.タイヤの溝に異常な程たくさん小石が詰まっている。
  • 15.車検を終えたはずなのに、発炎筒の使用期限が切れている。
  • 16.車検証の保管場所が微妙にずれている。

これらは全て、「集団ストーカー被害者の勘違い」と一蹴されてしまいそうな些細な変化ですが、集団ストーカー被害者本人にとっては大変な恐怖を感じる変化です。
被害者が周囲の人達に相談したとしても、周囲の人達は「そんなのは気のせいだよ」と助言するに決まっています。
しかし集団ストーカー被害者にとっては、間違いなく「変わっている」のです。

こうして集団ストーカー被害者は、だんだんと自分の判断と周囲の判断との乖離に悩み始め、自分の判断を疑うか、周囲の判断を疑うかしかなくなります。
自分の判断を疑えば、対象者(被害者)は自分の判断に自信がなくなり、無気力になっていくでしょう。
周囲の判断を疑えば「誰もわかってくれない。みんな敵だ」と被害妄想に落ち込んでいくのです。
これが、集団ストーカー加害者の「狙い」です。

この様に、自分の周囲で些細な、しかし不可解な変化を感じた方はすぐに集団ストーカー相談調査センターまでご相談下さい。
集団ストーカーが使用するこれらの特殊機器の発見調査は、一般の方には難しいケースがほとんどです。
集団ストーカーから盗聴・盗撮されている可能性がある場合には、すぐに集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ