1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 目的不明の集団ストーカー

集団ストーカーの目的が明確ではない場合もあります。
それはいわゆる愉快犯的な集団ストーカー行為や、ひとつの実験として集団ストーカーを行う事も十分あり得ます。

集団ストーカーを仕掛けられるには、何らかの原因があるのが常ですが、やはり稀に「無目的の集団ストーカー」とでも言うべきものが起こり得ます。
これは、被害者にとってすれば、まさに許しがたい行為です。

単なる愉快犯として、あるいは単なる実験対象として、「集団ストーカー」というステルス犯罪のターゲットとなってしまうのは、まさに悲劇です。
自分に集団ストーカーを仕掛けられる理由が全くないわけですから、それに対する対策や防衛策を立てるのも当然難しくなります。
なぜ自分が集団ストーカー被害にあっているのかを明確にする事が出来れば、問題解決も可能なはずです。

しかし、いくら考えてもその理由が見当たらない。どう考えてもわからない。
そういう場合は、この「愉快犯としての集団ストーカー犯罪」「実験としてのストーカー犯罪」というものを疑ってみるべきでしょう。
これら無目的な集団ストーカーは、「無目的である事」さえわかれば、比較的容易に追い払う事が可能です。

なぜなら、「目的が無い」からです。
「目的が無い」事が明確になれば、効果的な対策が可能です。
目的が無いのですから、集団ストーカー側の心理としては、「無理に集団ストーカーを続ける意味がない」ですし、「無理に集団ストーカーを続けて、集団ストーカーという犯罪が社会に認知されてしまう様な事になれば、集団ストーカーを仕掛ける意味がなくなる」からです。

集団ストーカー
それは、「集団ストーカーの存在を誰も信じない社会」です。
「集団ストーカー被害者を精神病だと決め付ける社会」
「集団ストーカー相談者を門前払いする社会」
こういう社会でなければ、集団ストーカーは効果を上げる事は出来ません。

例えば「誰もが集団ストーカーを理解し、その存在を認め、警察も親身になって相談に乗ってくれ、集団ストーカーへの対策と集団ストーカー被害者に対する社会保障が手厚い社会」では、集団ストーカー行為は無意味になるのです。

もしその様な社会であれば、被害者は、「精神的に病んでいる」とレッテルを貼られる事はありませんから、精神的に追い詰められる事も社会生活が不可能になる事もありません。
集団ストーカー被害者として社会から認められ保障を受けながら、普通に生活が出来ます。
それでは集団ストーカー加害者達は、被害者を精神的に追い詰める事など出来ません。
つまり集団ストーカー側の心理としては、「集団ストーカー行為が事実上可能である事は、絶対に社会に認知されてはならない」のです。

ですから、無目的な集団ストーカー被害にあっている場合は、専門家がしっかりとした対策プランを立てる事によって、被害から逃れる事が可能だと考えております。
諦めずに集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ