1. 集団ストーカー相談調査センターホーム
  2. 盗聴・盗撮と集団ストーカー

集団ストーカー集団ストーカーから盗聴・盗撮をされている可能性がある場合は、すぐに盗聴機・盗撮機の発見・確認調査を行うべきでしょう。

集団ストーカー被害者の中には、「盗聴機や盗撮機の調査をすると、その調査をしている事が集団ストーカー側に発覚してしまう。どうすれば良いのだろう」という相談をされる方が居ますが、その様な悠長な事を言っていてはいけません。

集団ストーカー側に盗聴機や盗撮機の発見調査をしている事が発覚してしまう事よりも、さらに重大・重要な個人情報がその盗聴機や盗撮機から流れ出ているのかも知れないのです。

初めは集団ストーカーに盗聴機や盗撮機の発見調査をしている事が発覚しても構いません。
まずは被害者の個人情報が垂れ流しになっているその状況に歯止めをかけなければならないのです。

集団ストーカー最近の盗聴機や盗撮機は非常に高性能になっていますので、一般に市販されている盗聴発見器や盗撮発見器では、不審な電波は確認されても盗聴機や盗撮機本体を発見するのが難しい場合もあります。

また、集団ストーカーは特殊な盗聴機器(コンクリートマイクやニードルマイクなど)を利用している可能性もあります。
携帯電話を違法に改造して、GPS機能と盗聴機能を両立させた市販されていない特殊機器もあります。

また逆に古典的手法(電波を発しないボイスレコーダー等の録音機器と、ニードルマイクなどを組み合わせて、盗聴発見器に引っかからない様に工夫している物)を使って、情報収集している可能性もあり得ます。

集団ストーカーが使用するこれらの特殊機器の発見調査は、一般の方には難しいケースがほとんどです。
集団ストーカーから盗聴・盗撮されている可能性がある場合には、すぐに集団ストーカー相談調査センターにご相談下さい。

集団ストーカー

集団ストーカー

  • ページトップ